FC2ブログ


『旧知の仲』な方はご存じだと思いますが
最近 お友達になって下さった方々の疑問について 書いておこうかと思います
気になってるんだけど 聞いていいかどうか・・・  なんて声をチラホラ耳にしたもので
別に隠してるつもりもないし 知ってる人は知ってる事なので 今更どうこうってワケじゃないんです
まぁ 一々説明するのもメンドーだしぃ 別に『だから何?』って感じだしぃという 横着なだけです

今までの古いブログや掲示板などが サイト側のトラブルで全滅しちゃったし
改めて書くのもいいかなぁと
前置きが長くなりましたが 平たく言って ジョジョの脚 ナンデ3本なの?って話し

手っ取り早く言うと 事故です  左折してきたワゴン車に巻き込まれました
あれは 2004年1月24日土曜日の夕方でした
買い物がてら 残業になったオトンを迎えに行くかって ジョジョ連れてオトンの職場へ
『ごめん まだもうちょっとかかるわ』って事なので 職場付近を散歩して時間潰ししてたんです 
冬の夕方ですから当然 日の暮れるのも早いわけで
しっかりリード持って 道路の端を歩き 公園へ入ろうとした時でした
大きめのワゴン車が・・・ 一瞬の出来事でした 私は大声で叫んでました 
運転手と一瞬ですが 目が合ったんですよね
でも 【なんや 犬か】っていう顔して そのまま走り去りました
ナンバーも車種も憶えるなんてどころじゃなく 病院病院と叫んでました
逃げた人が捕まったところで 物損扱いにしかならないんですよね 動物の事故って。。。

土曜日の夕方の事 掛かり付け病院も診察は終わってる時間
でも ココは運の強いジョジョ 先生は学会に出掛ける準備で病院に居らしたんです
直ぐに連れて行くからお願いしますって 頼み込みました
もぅ5分 電話するのが遅れたら先生は出掛けた後でした 先生 駐車場に居たんですから

病院に着くまで時間にして15分ぐらいだったのかなぁ 飛ばしましたからね
でも何時間にも感じたなぁ
後では血まみれになりながら震え続けるジョジョ でも鳴き声一つ上げることなく
途中で何度も 息をしてるか心配で ジョジョって呼び続けながら運転して
病院に着いて 先生にジョジョを抱いてもらった瞬間 腰が抜けちゃって
暫くは立つことも出来ず 手足は痺れて動かないし 涙は止まらないし 声は出ないし・・・

緊急手術になりましたが スタッフは誰も居ない時間
元看護師の私 手術の手伝いしました 先生もご存じで「大丈夫なら手伝って」って
この時ばかりはつくづく「この仕事してて良かった」ってね 心底思いましたよ
ジョジョの状態は・・・ 右後脚の人で言うところの足首から下がグチャグチャでした
小型犬ならショック死してたでしょう
この時点では応急的な手術が精一杯で 内臓損傷などは解らず 取り敢ず入院しました

翌日 精神的ダメージが強過ぎて入院に耐えられそうにないと先生が判断され
家に連れて帰りました 痛み止めの注射など私なら出来るからって 
処置道具を持って帰り 持続点滴をしたままのジョジョを連れ帰りました
もちろん毎日診察には通いましたよ 飲まず食わず声も出さず ひたすら震え続けるジョジョ
熱にうなされ激痛に耐えていましたが 2日目の夜ぐらいからかなぁ
傷口の臭いが変わってきたんです それは腐敗の始まった臭いでした 仕事で憶えた臭いです 
事故当日に手術を手伝った時 もぅ覚悟はできてました 遅かれ早かれ切断だなって
人も動物も何ら変りはありません 腐りかけた脚は元には戻らないんです
4日目に脚断手術となりました 長い長い1日でした 
太い血管が多い場所 出血量が多くて危険な手術でした
でも ジョジョは耐え抜いて立派に頑張り通してくれました 
病室に移されたジョジョを見て 泣けて泣けて・・・

古いブログには当時の様子を記録してあったんだけど 全部消えちゃったんだよね
あの時 本当に沢山の方々が 応援し励ましてくれて 
出来る事があったら何でも言ってねって 沢山の方々が声を掛けてくれて
有志の方々が千羽鶴を送って下さったんですよねぇ 嬉しかったなぁ
当のジョジョは 『おかぁさん コレなに?』って顔してましたけどね

当時はBBSを始めたばかりの頃で 励まして下さった方々の殆どが 会ったこともなく
本名も知らず 何処に住んでるのかも解らない方ばかり
片手で余るぐらいの人としか面識がない頃でした
ネットって凄いですよね アッという間に友達の友達は皆友達状態 ビックリしました

簡単にまとめたつもりなんだけど 結構長々と書いてしまった大汗
あれから4年 ジョジョは7歳も半分近くまで来ました
事故後も病気で手術したり 色々と世話の焼けるコですが なんとか頑張ってます

そんなこんなで 犬生まだまだ これからさ  heart01


103_03873.jpg


103_03763.jpg



スポンサーサイト