FC2ブログ


皆様 おはよです JOJOです
先日は沢山心配して貰って どうもありがとうだじょ
ボク 必死やったから つい走ってしもてんけど
後で考えたら とっても危ない事やった
ちゃんと反省したじょ 皆様 ごめんなさいです



今日は ボクのおとーさんの事 書いてみるじょ

おかーさんの事は みんな知ってるけど

長い間書いてるブログで おとーさんの事って

ちゃんと紹介した事 なかったから 可哀想やと思ってん


ボクのおとーさんは 病院でお仕事してるねん

診療放射線技師っていう お仕事だじょ

みんなもお世話になった事あると思うけど

レントゲンのお写真 撮る仕事やねん

おかーさんが働いてた病院に おとーさんが学生さんで働きに来てん

で バリバリ仕事できて 美人なおかーさんに 惚れたんやって 

おとーさんの方が 二つ年下やねん

おかーさん的には ペットみたい  なんやって 

実はおとーさん ワンコが怖いねんじょ

あんな 子供の頃に 近所のワンに悪戯して

噛まれそうになってん それ以来怖くて嫌いやねんて

だからな ボクが来る事 ほんまは反対しててんじょ

でもな おかーさんが どうしてもボクを連れて帰るって

おとーさんは おかーさん怖いから 反対しきれんかってんて

今でも ボク以外のワンは 怖いって言うてるじょ

ボクのお友達も 何回も会ってからでないと 遊ばれへんじょ

家の周り散歩してても ボクが遊びたいのに 自分が怖いから

ジョジョ アカンて 怖いやんか って 

ボクには 優しいし めっちゃ甘いねん

おかーさんに怒られるぐらい ボクを甘やかすじょ

実はね。。。

ボク 脚三本やんか 

おとーさんは 自分が原因やって 思ってるねん

ほんまは違うねんじょ でもおとーさんは トラウマになってる

あの日 ボクが事故に遭った時

おとーさんは 残業の日やってんな

ボクとおかーさんは 疲れてシンドイやろって 迎えに行ってん 

でも おとーさんやおかーさんの仕事って 時間通りにいかへんやん

その日も ほんまは終わりの時間やのに 救急車  来たから

いつ帰れるか 解らんようになってしもてん

だから病院の近くの公園に 散歩に行ってんな

ボク的には おかーさんと遊べるし ラッキーやってんじょ

でも あんな事が起こってしもたから・・・

おとーさん 残業断って帰ってたら こんな事にならんかったのに

そう言うて 暫くの間 ずっと泣いてたらしい

おかーさんは関係ないって 一生懸命に慰めたんやって

だってな おとーさんの仕事は 大事な仕事やもん 

人助けする立派な仕事やん ボクも関係ないって事解ってるじょ

でも おとーさんは ずっと今でも気にしてるねん

もぅええのにな ボク全然気にしてないし 怒った事も無いのに

あの日以来 ボクがちょっとでも変やったら 大騒ぎするじょ

心配で心配で 溜まらんねんて

気持ちは嬉しいけど 正直なトコ チビッとだけウザイ時あるじょ 

おかーさんが ちゃんと看てくれるもん 心配いらんもん

おとーさんも解ってるねん ほんまは。。。

でも 根が心配症やねんて おかーさん呆れるぐらい

だからしょっちゅう おかーさんに叱られてるじょ

細かい事 気にし過ぎて グズグズ言うねんもん

ボクと同じぐらい? 違うじょ ボクより叱られるじょ

おかーさんキレたら 超怖いじょ 元ヤンキーやじょ

そんなおとーさんやけど 一生懸命お仕事してるじょ

時々は お泊りの仕事もあるし 寝んと働く日もある

みんなのおとーさんみたいに お休みもないし

大変なんは ボクも解ってんねんけどなぁ

でも おとーさんは おかーさんに甘え過ぎやじょ

ボクと同じぐらい おかーさんに甘えてるじょ

ボク相手に おかーさんの取り合いっこするじょ

ボクは 自分でゴハンの用意とか でけへん事一杯やのに

おとーさんは ボクばっかりズルイ言うて

自分で出来る事も おかーさんに やって~って言うねんじょ

だから怒られるねん お馬鹿やじょ

おかーさん お金あったら ジョジョと二人でええのになぁ って

ボクも おかーさん居てたら ええかも 



017b_20100906050055.jpg
きのう あさの 六じ


でもボク オトンが嫌いなんちゃうじょ

なんかさ 友達みたいなん

もしかしたら・・・ ボクの ペット  かもしれんじょ

だってな いっつもボクがオトンを 遊んであげてんねんじょ 

こんなお間抜けな おとーさんやけど

皆さん ボクと遊ぶ時に ついででええから 遊んでやってだじょ~ 




うーままバナー2
犬 闘病生活ランキング
 


Precious babiesバベシア症と闘う愛犬たちへ

お友達の大事なわんこがバベシア症という病気になりました。
毎日、高熱と戦ってがんばっています!
輸血が必要になるかもしれない




スポンサーサイト