• 07<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.06.16

今日は同伴出勤の日。
いつものように早めに出掛けてお散歩です。
でも足の事があるから、休みながらゆっくり歩こうね
なんて思いながら、ジョジョも普通に散歩してました。
「今日は大丈夫かなぁ」なんて。。。

しかし、甘かった。
草むらに鼻先を突っ込んで尻尾ブンブン振り回すジョジョ。
マズイ!と思ったが、制御不能。
なんと草むらの中には生後1ヶ月ぐらいであろう子猫ちゃん。
もぅジョジョの興奮はMAX。ただただ遊びたいだけなんだけど
子猫ちゃんにしてみれば、怖くてたまらない。
刃向かって勝てる相手ではないと思ったのだろう。
草むらの中を必至で逃げ回る。
結構広い空き地なんだけど、子猫の逃げる範囲なんて
たかが知れてる。同じ所をグルグル回るだけ。
枯れ枝が藪のようになってる所や
ジャングルのように見えるであろう雑草が生い茂る中
同じ所をグルグル・・・ジョジョも一緒にグルグル
ジョジョを捕まえても雄叫びをあげ、私を引きずって行く。
これでは収まりそうにないと判断した私は
子猫の方を捕まえた。そしてジョジョを誘導し
取り敢ず2匹を一緒に駐車場へ。
子猫は飛び降りるようにして、私の手から逃げていった。
諦めきれないジョジョ、雄叫び上げながら私に確保されました。
ここまでなら、いつもの事なんです。
私は仕事へ行きました。帰りにリハビリにも行きました。
遅くなったのでダンナと合流し軽く腹ごしらえして。
で、さぁ帰ろうかと車からジョジョを降ろしてちょっとトイレタイム。
ジョジョの足、いつもと違う方向を向いてる。
脱臼したかっ!? 歩いてるようで歩けてない。変だ!
病院へ急行しました。
まず歩行状態をチェック。少し戻ってた。
次に、診察台の上で関節をチェック。
微妙な声を出すジョジョ。珍しい。かなり痛いのだろう。
結果、脱臼はおそらく大丈夫だろうとのこと。
しかし、このままでは車椅子・脚断・義足・etc
先生から「散歩、トイレのみにできませんか?」と言われた。
ジョジョの性格を良く知ってくれている先生から
とうとうこの言葉が出たという事はかなり悪い状態。
鎮痛剤を使うと、痛みが軽くなりますます悪化させる。
安静が一番なのだ。解っている。
私には十分解っている。頭では・・・
以前、海ではしゃぐジョジョを見た時も思った。
同じ事を繰り返している。
楽しそうなんだ。嬉しそうなんだ。活き活きしてる。
「ボク、メチャ楽しいねん」って全身で表現している。
それが、イケナイコトなの?家に閉じこめてなきゃいけないの?
ジョジョのあんなに嬉しそうな、楽しそうな姿
もぅ見てはいけないの?
泣けてきた。。。今も涙で手元がよく見えない。。。
無理矢理安静にさせて、足が楽になって・・・
それって、ジョジョにとって良い事ですか?
ストレスが溜まって、お互いにイライラして
それでも大人しく我慢させるのって
ジョジョにとって良い事ですか?
頭と心がバラバラです。
取り敢ずは腫瘍摘出手術が無事にできるように
一週間だけ、大人しくしなきゃ・・・

。。。追記。。。
朝4時
起きてきたから散歩に行くのかと思ったら
ご飯食べただけでした。
グズグズ言いながら・・・
ご飯も、いつもは自分から器の所へ来るのに
今朝は伏せ状態のまま動かず
いや、動けず?器を持って行ってやりました。

 

 

kingjojo2.pngにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。