• 09<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.06.23

一応、手術の内容を 記録し残すことにします

         *今回の手術*

先ずは左眼に出来た血腫の切除。
小さいモノだし技術的には簡単なもの。
メスで切り取って、後は出血しないように
レーザーで焼いています。
たまに、手術の影響で瞬膜が傷ついて涙腺が詰まり
涙が出なくなるとか・・・
今のところは大丈夫そうです。眼軟膏を塗ってます。
切除されたのは米粒ぐらいのモノでした。

左の肩
ココは少し奥にあって、筋肉が良く動く場所なので
目印にマジックを塗って行ったんだけど
それでも、かなり広範囲に毛剃りされてしまいましたね。
それに、横たわった状態で切除して縫うので
起きて立ち上がった時に、どうしても皮膚がヒキツレます。
仕方ないですね。毛が生え揃えば隠れる・・・かな?
摘出されたのは、直径にして1.5cmぐらいの丸いモノでした。
脂肪が多くて真っ白な部分が多かったです。

左脇
ココは特に問題なく普通に摘出されてます。
傷の長さは3cmぐらいかな?真っ直ぐだしキレイですよ。
摘出されたのは、直径1.5cmぐらいの丸いモノだけど
白くはなかったですね。ちょっと黄色い部分や血の部分などありました。

お尻
ココも左脇と同じような状態です。
摘出されたのも、そう大差ありませんでした。
一番最初にテープが外れちゃったので、皮膚が白くて綺麗ですよ。
でも触るとタワシみたいです。

右脇腹
ココが一番厄介だったようです。
なんせ2回破裂してますから、私も一番心配な部分です。
傷口は10cm近くあります。
皮膚もテープ被れが一番酷くて、痛そうです。
摘出されたものは直径にして5cm弱ぐらいかな?
平たくて真ん中が盛り上がってる。目玉焼きみたいな感じ。
ただ、これが出来てから随分と大事に持ってたので
腫瘍が大きくなるために近くにあった太い血管に巻き付いて
血管から栄養を摂っていました。
癌細胞などは、このようにして血管に入り込み全身に飛び散り
所謂「転移」ということになります。
今回はどうなのか、判断のしようがありません。
悪性か良性かもまだ結果は出ていません。
この血管に巻き付いて部分を剥がす時に、どうしても血管が傷付き
ピューって飛び散るんですよね。で、血管も縫わないといけないので
時間も掛かります。
もちろん、ジョジョもピュー・・・でした。

今回使用されたのは、ステンレス糸。
糸っていうよりは細い針金ですね。
コレは一番、感染しにくいからです。そして抜けたり切れたりしない。
ジョジョのように活動的なコは皮膚も筋肉も良く動きますから
切れて傷口が開いたりしないように。
すぐに散歩したりして感染しないように。
また、傷を気にして舐めたり噛んだりしても切れません。
舐めててワン自身の口や舌を切ったりする事はないようです。
(でも、私は暴れるジョジョを押さえて切れましたが・・・)

。。。と、こんな具合にして手術は無事に終わりました。
後は結果待ちです。なが~いデスね。
一応、抗生物質を飲ませています。
薬を飲んだり、軟膏塗ったり・・・コレは簡単なので問題なし。
抜糸まで、シャンプーできないから痒いだろうなぁ。
雨は少ないけど梅雨だしねぇ。清潔にしないといけないですね。

そうそう、夏至でしたね。でも雨でよく解らないうちに日が暮れました。

 

 

kingjojo2.pngにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。